「かきフォーラム イン・気仙沼」にて日本支部 渡辺 貢 支部長、高橋 計介 副支部長、畠山 政則氏が講演

「かきフォーラム イン・気仙沼」にて日本支部 渡辺 貢 支部長、高橋 計介 副支部長、畠山 政則氏が講演

2016年2月7日、宮城県気仙沼市にて(一財)かき研究所主催(世界かき学会日本支部 共催)の「かきフォーラム イン・気仙沼」が開催され、世界かき学会日本支部 渡辺 貢 支部長、高橋 計介 副支部長が講演を行いました。
カキに熱意を持つ日本全国の研究者や漁業関係者が一同に集い、一般の生活者へカキの魅力を普及する為の研究発表が行われました。

高橋副支部長は「生物・食品としてのカキ」との演題で講演し、皆様の関心の高いテーマとして生物、食品等様々な視点から幅広く解説しました。
渡辺支部長は「カキと健康 カキのパワーを検証する」との演題で講演し、現代人に不足している微量ミネラルや抗酸化力の低下など栄養・医学面から解説し、そのミネラルや抗酸化物質を多く含んでいるカキの栄養学的な重要性を、また、カキを食べることの重要性を訴えました。
畠山氏の講演では「唐桑のカキ生産 おいしいカキを届けるために」との演題で、地元のカキ生産者を代表し、皆様の食卓へ美味しいカキをお届けするための取組を紹介いたしました。

また、特別発表では唐桑小学校6年生によるカキ養殖体験活動を通じて学習した内容の発表がありました。

会終了後は、地元かき生産者の方のご協力により、美味しいかき汁とかきの天ぷらが振る舞われ、心温まる交流がなされました。
かきフォーラムを通し、日本の海洋資源の活用・未来へのつながりをより発展的に考える会となりました。
当日、ご来場されました皆様に心より御礼申し上げます。

講演発表演題

高橋 計介 世界かき学会日本支部 副支部長「生物・食品としてのカキ」

講演発表演題

渡辺 貢  世界かき学会日本支部 支部長「カキと健康 カキのパワーを検証する」

講演発表演題

畠山 政則 宮城県漁業協同組合唐桑支所 支所運営委員長「唐桑のカキ生産 おいしいカキを届けるために」

特別発表

唐桑小学校6年生 「海に親しみ、人とかかわり、海とともに生きる唐小っ子-豊かな海を未来につなげるために-」

  • 高橋計介副支部長カキの生体について講演中の
    世界かき学会日本支部 高橋計介 副支部長
  • 渡辺貢支部長来場者からの質問に答える
    世界かき学会日本支部 渡辺貢 支部長
  • 畠山政則支所運営委員長来場者からの質問に耳を傾ける
    宮城県漁業協同組合唐桑支所 畠山政則 支所運営委員長
  • かき汁店舗地元の生産者の方々より、
    美味しいかき汁がふるまわれました

一般財団法人かき研究所のホームページに詳細が掲載されております。ぜひご確認下さい。

http://www.kakiken.or.jp/html-2/oyster%20forum/forum_kesennuma.html


ページトップへ戻る